Company Profile
会社概要
KOMINE工業 会社概要

KOMINEが取り組む最新技術

  • 切削加工ドリームコンテスト、金賞受賞。

    KOMINE工業では、最先端技術を活用した金属の試作・受託加工を行うマニュファクチュアリング・カンパニーです。
    2021年には、切削加工ドリームコンテスト(DMG森精機主催)にて、当社が積層造形したアルミ製の知育玩具「一体型メタル・スフィアボール」が、先端加工部門の金賞を受賞いたしました。
    時代の先をゆく技術力で、業界から高い評価をいただいております。

  • 豊かな経験と
    より⾼度な開発⽣産技術⼒
    不可能を可能にするモノづくり。

    当社では、デザインからCAD/CAMでのモデリング、試作・加工まで一貫して対応。
    金属3Dプリンタや5軸マシニングセンターなど最先端の設備を保有し、また設備を取り扱う技術者の育成も、常に行っております。
    最先端の技術力を発揮できる設備とハイレベルなオペレーターがお客様に寄り添い、まだ世の中にはないモノづくりを実現いたします。

  • 世の中に役⽴つものをつくる

    海外のお客様からも信頼される安定した製造ライン。

    1929年、鋳物筆の製造メーカーとして創業したKOMINE工業。
    100年近くの歴史がある当社は長きにわたり、型持ちケレン、シェル中子(砂型)、ベントホールを中心とした、鋳造関連副資材の製造メーカーとして研鑽を積んでまいりました。
    近年では、アジア・ヨーロッパへの輸出を行うなど、高品質で安定感のある「KOMINE」ブランドとしてワールドワイドに展開しております。

Company base

拠点

本社 〒349-1102
埼玉県久喜市栗橋中央2丁目4番30号
TEL:0480-52-1345/FAX:0480-52-1498
ケレン工場 〒349-1102
埼玉県久喜市栗橋中央2丁目4番30号
TEL:0480-52-1341/FAX:0480-52-1498
ケレン佐間工場 〒349-1124
埼玉県久喜市佐間602番地
TEL:0480-52-1404/FAX:0480-52-1834
シェル佐間工場 〒349-1124
埼玉県久喜市佐間602番地
TEL:0480-52-0650/FAX:0480-52-1834
Message

代表挨拶

    最先端技術と信頼の品質で、進化を続ける。

    KOMINE工業は創業以来、お客様のニーズに合わせたモノづくりに取り組んでまいりました。
    近年では、最先端の技術設備を導入するとともに技術者やリーダー人材の育成にも力を入れ、時代のニーズに応じた高い技術力にも評価が集まっております。

    KOMINE工業の理念は「想像を創造する」こと。
    これまでも信頼いただいている高い品質を維持しながら、今後はさらに最先端技術を導入、活用し、技術力で社会に貢献することを目指します。私たちが見ているのは、いつでも未来。これからもあくなき探究心とチーム力で、技術の進化を続けてまいります。

History

沿革

  • 昭和4年〜昭和63年

    • 昭和4年
      8月
      東京都府下亀戸町に於いて小峰製作所創業
    • 昭和16年
      11月
      埼玉県北葛飾郡栗橋町に移転
    • 昭和21年
      9月
      合名会社 小峰製作所 設立
    • 昭和35年
      2月
      鋳造用型持ちケレン製作開始
    • 昭和36年
      10月
      合名会社 小峰製作所 解散
    • 昭和39年
      8月
      シェル工場新設 シェルモールド中子加工開始
    • 昭和40年
      8月
      ケレン自動溶接組立機を開発
    • 昭和40年
      8月
      ケレン自動溶接組立機を開発
    • 昭和42年
      11月
      中小企業診断優良企業として埼玉県知事賞受賞
    • 昭和43年
      5月
      資本金を1,000万円に増資
    • 昭和44年
      1月
      工作金型工場を新設
    • 昭和45年
      6月
      中小企業庁長官賞を受賞
    • 昭和46年
      11月
      中小企業庁長官賞を受賞
    • 昭和55年
      10月
      ケレン自動組立機を開発
    • 11月
      シェル中子工場を増設
    • 昭和57年
      6月
      コールドボックス法を採用
    • 昭和58年
      2月
      スーパーベントを開発、販売を開始
    • 昭和59年
      3月
      新社屋完成
    • 9月
      スーパーベント米国輸出を開始
    • 11月
      プラスチックベント開発・販売を開始
    • 昭和61年
      4月
      中小企業庁合理化モデル工場指定
    • 7月
      現住所に新工場を建設、工作機械部門移転
    • 11月
      中子工場完成、中子部門新工場へ移転
    • 昭和62年
      4月
      新型ケレン自動溶接機開発
    • 12月
      スーパーベント自動組立溶接機開発
    • 昭和63年
      5月
      スーパーベント西ドイツ輸出を開始、標準ケレン簡易自動機開発
  • 平成元年〜平成31年

    • 平成元年
      6月
      スーパーベント英国輸出を開始
    • 平成2年
      9月
      特殊ケレン用ポータブル溶接機更新
    • 平成4年
      6月
      春日部税務署優良申告法人表彰
    • 平成5年
      6月
      シェルマシン40型増設
    • 7月
      特殊ケレン用ポータブル溶接機増設
    • 平成6年
      1月
      シェルマシン40型・60型増設
    • 7月
      シェル工場材料倉庫完成、シェルマシン40型増設
    • 平成7年
      3月
      特殊ケレン用ポータブル溶接機増設
    • 6月
      シェルマシン40型増設
    • 平成8年
      8月
      ケレン溶接ロボット導入
    • 平成9年
      11月
      シェルマシン水平割45型増設、ネジ転造機を開発
    • 平成10年
      2月
      両端シャフト加工機増設
    • 平成12年
      1月
      シェルマシン水平割54型増設
    • 平成13年
      1月
      シェルマシン水平割54型増設
    • 平成15年
      1月
      コンプレッサー増設、NC旋盤導入(1台)
    • 8月
      ベントホール特殊スリ割機開発
    • 10月
      クラウス型ベントホール販売を開始、NC旋盤増設(2台)
    • 平成16年
      8月
      NC旋盤増設(1台)
    • 12月
      プレス35t増設
    • 平成17年
      1月
      表面処理コーティング工場完成、NC旋盤増設(1台)
    • 平成19年
      5月
      ベントホール溶接機増設(1台)
    • 6月
      GIFA・ドイツ デュッセルドルフ国際見本市出展
    • 9月
      プレス20t増設
    • 11月
      NC旋盤増設(1台)
    • 平成21年
      9月
      表面処理コーティング工場完成)
    • 平成23年
      6月
      GIFA・ドイツ デュッセルドルフ国際見本市出展
    • 平成24年
      1月
      シェル工場増設
    • 平成30年
      1月
      東京ビックサイト オートモーティブワールド2018「第4回 自動車部品&加工EXPO」出展
    • 12月
      栗橋小学校へトランペット2台寄贈
    • 平成31年
      1月
      東京ビックサイト オートモーティブワールド2019「第5回 自動車部品&加工EXPO」出展
    • 3月
      ISO9001取得
  • 令和元年〜令和4年

    • 令和元年
      6月
      SECURITY ACTION(一つ星)宣言
    • 11月
      事業継続強化計画 認定
    • 令和2年
      1月
      東京ビックサイト オートモーティブワールド2020「第6回 自動車部品&加工EXPO」出展
    • 2月
      東京ビックサイト 第24回 機械要素技術展 出展
    • 8月
      オンライン・ショップ「KOMINE online shop」開設
    • 令和3年
      4月
      DMG森精機株式会社 CM「トップランナー」出演
    • 7月
      経済産業省 近畿経済産業局 「Kansai-3D実用プロジェクト」モデル企業として参加
    • 10月
      DMG森精機株式会社主催「第16回ドリームコンテスト」先端加工部門「一体型スフィアボール」金賞受賞
    • 令和4年
      4月
      第7回 名古屋機械要素技術展 M-Tech NAGOYA